雨の紫陽花をしっとりと。(Nikon Z6 / Sigma 135mm)

雨の紫陽花をしっとりと。(Nikon Z6 / Sigma 135mm)

2020-06-15
雑記・日記

しばらくの間撮影目的での外出を控えていましたが、人混みを避けながらちょっとずつ再開していきます。

とは言っても、梅雨の真っ只中。望みの薄い晴天を期待するよりも、いっそ雨を楽しもうと思ったら被写体はやっぱり紫陽花になっちゃいました。

撮影機材はNikonのZ6にSigma 135mmの組み合わせ。また中望遠1本で出かけてしまった。

スポンサーリンク

向かったのは紫陽花の名所「宗吾霊堂」

初めて訪れたのですが、紫陽花の名所として知られるそうです。例年であればこの時期に紫陽花祭りも行われているとのことですが、今年は残念ながら中止。

花はちょうど見頃を迎えていますが、混雑もなく参拝することができました。

正式には鳴鐘山東勝寺というお寺です。由来などを調べるうちに、また改めて参拝したいという気持ちが強まっています。

境内

あじさい園

葉っぱ食べられてる。ヤツに。

境内の裏側があじさい園。5,500株もの花が植えられているそうです。

様々な品種を見ることができるのですが、特に柏葉あじさいの群生は必見。

誰も立ってくれないので自分の傘を置きました。

ローキーとハイキーと。いろんな撮り方が楽しめる紫陽花ですが、自分は暗い方がしっとりとして好きかも。ピントの位置はいつも失敗します。

雨に濡れたもみじもいいじゃん。

やっぱり写真は楽しい

雨だからって外に出ないのはもったいないですよね。

もちろん対策は必要ですけど、Z6と135mmArtともに防滴を備えているので撮影に没頭することができました。

正直、紫陽花はどう撮っていいかわからないというか同じような写真ばかりになってしまってあまり得意ではないんですが、まだシーズンは始まったばかり。もっといい写真が撮れるよう精進します。

とりあえず、色々と気を使いながらではありますが写真が撮れる状況になってきてほっとしています。