Nikon Z6を修理に出した。

Nikon Z6を修理に出した。

2020-07-05
デジタル

お気に入りのカメラを長いこと使っていると「ちょっとこの辺調子悪くなってきた〜気になるな〜」って事あるじゃないですか。

そんな時メーカーのサポート対応がめちゃくちゃ良いと「このカメラ使っててよかった〜もっともっと愛用する!レンズ買う!」ってなりますよね。

というわけで今日は私のメイン機であるニコンのZ6さんをメーカー修理に出した、ただの記録です。

スポンサーリンク

ボディのグリップがちょっとギシギシ鳴るのよ

今回修理をお願いしたのは、外装の傷みってことになるのかな。

ミラーレスの中では圧倒的にしっくりくることで有名なZのグリップですが(個人の感想です)、最近握るたびにギシギシ鳴って少したわむ感じになってしまいました。

そりゃまあ、常用レンズが1.2キロ越えのシグマ135mmなので負荷かけ過ぎと言われたら何も言い返せないのですが。

通常使用では全く問題ない範囲なので修理してもらえるか微妙なところだなと思いつつ、カメラ持つたびギシギシ言うのは気になって集中できないのでメーカーに見てもらうことにしました。

修理申し込み

詳しいところはメーカーのサイトがよくまとまっているので、そっち見てもらえれば迷うことはないはず。

申し込み方法や送り方・直接持っていくなど色々方法はあるんですけど、オススメは割引のあるインターネット受付でしょう。

ニコンイメージングプレミアム会員(無料)に登録すれば、インターネットからの修理申し込みで10%割引が適用されます。

GRの時みたいに依頼の流れでも書こうかと思いましたが、ニコンの場合特に迷うところもなかったので省略!唯一わかりにくかったのは、保証内修理でも発送時の送料は送り主負担ってところくらいでしょうかね。

で、さくっとなおしてくれました。

日曜日に発送し翌日月曜日には修理進行の連絡。完了見込みは10日後くらいの日付記載がありましたが、なんと火曜には完了したとのこと。

輸送も含めてわずか4日。このスピード感は驚きました。

また、受付時や修理開始時、完了時など、ステータスが変わるごとに上のようなメールが送られてくるので、状況が見えて安心感がありました。

結果としてはやはり通常の仕様範囲内とのことでしたが、念のため該当箇所の部品を交換してくれたそうです。たわみやギシギシ音、出なくなってすっきり!

修理内容には書いてなかったけど、破れてたアイピースもサイレント交換してくれたよね。そんな奥ゆかしさも好きさ。いつか変えようと思って部品買ってあったけど、大事に保管しときます。

と言うことで、今までいろんなメーカーさんのサポートにお世話になってきましたが、やっぱりサポート対応の良いメーカーは安心できるんですよ。

ニコンも色々と厳しい話は聞こえてきますが、こういった対応を続けてもらえるように自分も良い客であり続けようと思います。

Zマウントのマクロ出たら予約購入するから早いとこお願いしますね!